ホーム > ブロックチェーンの記事一覧 > ブロックチェーンとは?仮想通貨を購入前に知っておきたい基礎知識

ブロックチェーンとは?仮想通貨を購入前に知っておきたい基礎知識

仮想通貨の根幹を支える仕組み、「ブロックチェーン」。仮想通貨はブロックチェーンによって不正が妨げられ、安全性が保たれています。また、フィンテックでもブロックチェーンの技術は関心を集めています。そこで、ブロックチェーンの仕組みなどについて解説しています。

 

ブロックチェーンとは

仮想通貨にはブロックチェーンという技術が使われ、システムの根幹ともいえるものです。

 

ブロックチェーンは分散型の台帳システム

従来は、取引記録の管理は、銀行のように管理者が台帳で一元管理を行う「中央集権型システム」が一般的でした。これに対してブロックチェーンでは、ネットワーク上のユーザーが台帳を共有する「分散型台帳」と呼ばれるシステムです。ユーザーは、取引記録を確認することが可能です。 

 

改ざんされにくいブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンと呼ばれるのは、一定の期間ごとにブロックという単位で取引記録が形成され、時系列に鎖状につながっていくことによります。各ブロックには、前のブロックの取引記録に関連するハッシュ値という値が含まれています。取引データを改ざんすると、ハッシュ値の整合性が取れなくなってしまうため、ブロックチェーンは改ざんがされにくいシステムなのです。

 

ブロックチェーンの取引記録の認証の仕組みとは

ネットワーク上で取引記録は分散管理されていますが、計算によって新たなブロックをつなぐためのキーを見つけた人が通知すると、ほかのコンピュータはキーが正しいか検証を行います。ビットコインでは、51%以上のコンピュータが正しいと判断すると、取引記録がすべてのコンピュータで更新されていく仕組みです。ビットコインでは、キーを見つけた人には報酬としてビットコインが支払われ、採掘と呼ばれています。 

 

ブロックチェーンは改ざんが難しいこと以外のメリットも

ブロックチェーンのメリットといえば、改ざんが難しいことが挙げられます。また、P2P上のネットワークに台帳が分散管理されているため、1台のコンピュータのデータがダウンしても、システムが停止しないこともメリットです。また、1台のコンピュータのデータが消失しても、ほかのコンピュータがブロックチェーンの取引記録をすべて持っているため、データは維持されます。 

 

ビットコインから他の仮想通貨や金融サービスへ

ブロックチェーンは、もともとはビットコインのシステムの根幹として、「サトシナカモト」を名乗る人物の論文によって生み出されたものです。今ではビットコイン以外の仮想通貨をはじめとした、金融サービスに応用されています。ビットコインは管理者が介在しないブロックチェーンですが、管理者を置くシステムも、広義ではブロックチェーンと呼ばれています。 

ブロックチェーンの技術によって、国際送金のシステムが大きく変わろうとしています。これまで、銀行を介した海外への国際送金は数千円の手数料を掛けて、数日掛けて送るといったものでした。しかし、仮想通貨で送金を行うと、すぐに送金が可能で手数料はわずか数円ほどです。そこで、メガバンクでもブロックチェーンの技術を国際送金に取り入れる動きがあります。 

一方で、現時点ではブロックチェーンは、即時決済が基本の実店舗へ導入は難しいとされています。ネットワーク上で取引記録が認証されるのに、10分ほど掛かるためです。 

 

まとめ

「仮想通貨は怪しいのでは?」と見る向きもありますが、改ざんされないために、ブロックチェーンなど、システムの工夫がされているのです。しかし、仮想通貨の中には実態が伴わないものもありますので、仮想通貨の仕組みを理解したうえで、見極める目を持ちましょう。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin