ホーム > ビットコインの記事一覧 > ビットコインの仕組みをわかりやすく解説!

ビットコインの仕組みをわかりやすく解説!

ビットコインは、ナカモトサトシを名乗る人物の論文をもとに、2009年に誕生した仮想通貨です。ビットコインは主に、投資目的としての保有や送金手段としての利用がされています。ビットコインは、ブロックチェーンの技術によって、透明性の高い取引ができることが特徴です。そんなビットコインの仕組みについて、わかりやすく解説していきます。

 

ビットコインの仕組みの特徴とは

日本円などの法定通貨は、発行主体の政府や中央銀行によって、中央管理されています。一方、ビットコインには国や企業といった発行主体が存在しません。ビットコインは、ネットワーク上のコンピュータが相互に直接接続して、取引台帳を分散管理するP2P型の仕組みによって管理されています。

ビットコインの取引台帳は、ネットワーク上でオープンになっているため、ビットコインが誕生した2009年以降の取引を誰でも見ることができるという透明性があります。

日本では円への信頼性が高く、中央銀行である日本銀行が破綻する心配をしていない人が大半です。一方で自国の通貨への信頼性が低い国では、通貨危機へのリスクヘッジとして、ビットコインが保有されています。

 

ビットコインの不正を防ぐブロックチェーンの仕組み

ビットコインで二重譲渡などの不正を防ぐのは、ブロックチェーンという仕組みです。ビットコインの取引はブロックという単位でまとめられ、未承認のブロックはプルーフ・オブ・ワークといわれる承認作業によって、時系列に沿ってチェーンのようにつなげられていきます。各ブロックには前のブロックのハッシュと呼ばれる値が含まれ、新たなブロックをつなげるためには、複雑なコンピュータでの計算によって、キーとなる値を見つけることが必要です。このブロックの追記のための認証作業が採掘(マイニング)と言われるもので、マイナーには報酬としてビットコインが支払われています。

『ビットコインの採掘(マイニング)とは何?』

ハッシュ値を改ざんすると、次のブロックの承認までに、改ざんしたブロック以降のハッシュ値をすべて改善しなければなりません。また、一番長いブロックチェーンが有効とされるため、分岐して新たなブロックチェーンを形成することも難しいです。

 

ビットコインの取引の仕組み


ビットコインでの取引を始めるためには、ウォレットを呼ばれる財布をつくります。ビットコインのウォレットは、PC上のデスクトップウォレット、インターネット上のウェブウォレット、スマートフォン上のモバイルウォレットなどがあります。ビットコインは取引所に口座を開設すると、購入が可能です。

ビットコインのウォレットは、「公開鍵」と「秘密鍵」で管理します。「公開鍵」をもとにハッシュ関数をかけてつくられる「ビットコインアドレス」は口座番号のようなもので、「秘密鍵」は暗証番号のような役割です。「秘密鍵」を他人に知られると、ビットコインをとられてしまう恐れがあります。

ビットコインを送るときは、相手のビットコインアドレスや送付額を指定し、「秘密鍵」を使ってデジタル署名をします。ビットコインアドレスは、取引のたびにつくることが可能です。ビットコインを使った海外送金は、短時間で安価で済ませることができます。

 

まとめ

「仮想通貨は怪しい」とする向きもありますが、ブロックチェーンの技術を用いたビットコインの取引は透明性が高く、データの改ざんによる不正を防ぐ仕組みも整えられています。一方で仮想通貨といっても、実態のない詐欺まがいのものがあるのも事実です。仮想通貨への投資を考えたら、ビットコインを始めとする仮想通貨の仕組みを理解するなど、正しい知識を持つことが大切です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin