ホーム > 投資通貨の記事一覧 > 投資型クラウドファンディングとは?ICOという新しい投資の形も

投資型クラウドファンディングとは?ICOという新しい投資の形も

クラウドファンディングは、インターネットを通じて不特定多数の人から、企業やクリエイターが資金を集める資金調達の方法の一つです。クラウドファンディングの中でも、投資型クラウドファンディングとは何か、デメリットを含めて解説していきます。

 

投資型以外も!クラウドファンディングの種類

投資型クラウドファンディングとはどういったものか、クラウドファンディングの種類から見ていきます。

 

投資型クラウドファンディング

投資型クラウドファンディングは、金融型クラウドファンディングとも呼ばれ、上場前の企業やプロジェクト、不動産ファンドなどに投資し、リターンを得るタイプのものです。

 

購入型クラウドファンディング

購入型クラウドファンディングはプロジェクトへの投資の中でも、製品やサービスの購入に近い形態のものを言います。製品開発や大量生産化のために利用されることが中心で、対象となる商品を販売予定価格よりも、安く手に入れられるタイプが多いです。

 

寄付型クラウドファンディング

寄付型クラウドファンディングは、発展途上国や被災地などへの慈善事業の資金の寄付を広く募るタイプのもので、リターンはないのが基本です。プロジェクトの進行やお金の使い道を、クラウドファンディングサイトを通じて公開することで、単に資金を募るよりも、透明性が高くなります。

 

投資型クラウドファンディングの特徴とは

投資型クラウドファンディングは、さらに大きく3種類に分けられ、金融商品取引法の規制の対象となることも特徴です。インターネット上で手軽に少額から投資できることが、投資型クラウドファンディングのメリットです。しかし、投資型クラウドファンディングは、元本保証のある金融商品ではない点に注意する必要があります。

 

融資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディングは貸付型クラウドファンディングともいわれ、海外ではP2Pレンディング、あるいは、ソーシャルレンディングと呼ばれている形態です。日本では運営事業者は、金融商品取引法の第二種金融商品取引業者の登録をし、匿名組合契約として出資を募り、貸金業法上の貸金業者登録をもって、事業者へ貸し付けることになります。返済された金利の一部が、リターンとして得られます。

融資型クラウドファンディングは、預金よりも利率がよいことが多いですが、貸し倒れのリスクがあります。

 

ファンド型クラウドファンディング

ファンド型クラウドファンディングは事業投資型とも言われ、プロジェクトに対する出資として、ファンド持ち分を販売する形態です。プロジェクトで利益が生じた場合には、分配金という形でリターンを得られます。

運営事業者は金融商品取引法の第二種金融商品取引業者の登録が必要であり、投資運用業者の登録も要する形態もあります。ただし、インターネット上での募集で、発行価額1億円未満、投資家一人あたりの投資額が50万円未満の場合には、第二種少額電子募集取扱業の登録によって運営することができます。

ファンド型クラウドファンディングの中には、プロジェクトの成功によって、数パーセントを超える利回りを期待できる商品もありますが、元金を下回るケースも少なくありません。そのため、プロジェクトを応援する気持ちから投資する人が多く、エンジェル投資とも呼ばれています。

 

株式型クラウドファンディング

株式型クラウドファンディングは、株式を発行する形で企業が資金を集める形態で、主に未上場株式です。非上場株式へのインターネット上での資金の募集は、1年につき、1億円未満、投資家1人あたり50万円以下の場合に、金商法の第一種少額電子募集取扱業務として認められています。

ただし、株式型クラウドファンディングは、上場前の株式であるため、取引市場がなく、換金性が乏しいことがデメリットです。

 

クラウドファンディングに代わる投資「ICO」にも注目

投資型クラウドファンディングに代わる新しい資金集めの手法として注目されているのは、取引所に上場する前の仮想通貨への投資、「ICO」です。「ICO」は「Initial Coin Offering」の略で、未上場株式が証券取引所で扱われるようになる「IPO」になぞらえた言葉です。

ビットコインやイーサリアム、リップルといった、有名な仮想通貨以外を一般的にはまだ知られていない時期に購入した人は、仮想通貨の価値が上がることで、大きな利益を得ています。また、仮想通貨の中には、未来予測市場「auger」で使用される通貨「REP」のように、プロジェクトに投資するタイプの仮想通貨も出てきました。

仮想通貨という形で資金を集めることで、クラウドファンディングよりも、海外を含めた広いエリアで資金を集めやすく、ICO後に大幅な値上がりが期待できるのです。仮想通貨のICOについては、『仮想通貨の「ICO」とは?仮想通貨投資で儲けるカラクリ』で詳しく解説しています。

ただし、仮想通貨投資も投資型クラウドファンディングと同様に、元本保証のある投資商品ではないことを認識しておきましょう。

 

まとめ

投資型クラウドファンディングは、企業やプロジェクトの資金集めの手段の一つです。クラウドファンディングへの投資を考えたら、新たな資金資金調達の手段として注目を集めているICO通貨投資も、選択肢に入れてみましょう。ただし、すべての仮想通貨の価値がICOで上がるわけではないため、価値が高まる仮想通貨を見極める必要があります。


仮想通貨スクール&サポート無料メルマガ申し込み

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin