ホーム > 投資通貨の記事一覧 > ICOは詐欺だったのか?

ICOは詐欺だったのか?

2017年10月11日現在、ビットコインは53万4000円の価格周辺を推移しています。月末に行われる予定のSegwit2Xによるビットコインゴールドのトークン付与を目的とし、ビットコインの需要が急速に高まっています。もはや、ハードフォークというのは心配要因ではないようです。(本当は心配要因なんですが・・・)一方、最近調達を完了したICO通貨は取引所にあがった途端、軒並み下落。(アルトコインの下落)過去最高高値を更新していく通貨はほとんどありません。

結局ICOは詐欺(scam)だったのか?

ICO時、パソコン前にスタンバイ。0 days 0 hours 5 seconds。4, 3, 2, 1, 0! カウントダウンが終了すると同時に、世界中の投資家からビットコインかイーサリアムが表示されたアドレスに送られます。そして投資家は送ったビットコインかイーサリアムの分だけそのICOトークン(通貨)がもらえます。筆者も20を超えるICOに参加してきました。しかし、現時点で入れた分の価値は「ほぼマイナス」です。ICOでなく、取引所で購入した方が断然安いわけです。はっきり言って「焦って入れない方がよかった」です。(ちなみに、株式のIPOでは上場時の原価割れはよくある話です)イーサリアムで持っておいた方が得でした。そこだけ切り取って考えたら、まさに詐欺に引っかかったと言われても仕方ないかもしれません。

ICOにはデューデリジェンスがない。

なぜ取引所に上場後、ほぼ全てのトークンが下落してしまうのでしょうか。それは「取引所にあがった時点ではまだプロダクトがない」からです。東京証券取引所と比較した場合、どうでしょうか。一般的な中小企業は東京証券取引所に上場することは基本的にできません。プロダクト・サービス・数年の売上・利益体質をチェック、監査法人を入れて入念な監査を行い、役員や株主など関係者をチェックし、将来性を評価し、十分なチェックが行われ、初めて上場許可がおります。(会社体質をチェックし、時価総額を算出することをデューデリジェンスと言います)一方、ICOはどうでしょうか。数十億円といった規模で資金調達をするにも関わらず、ホワイトペーパーすなわち【事業計画書】しかないのです。いくらブロックチェーンが優れた技術で、事業計画も秀逸で、メンバーも優秀だからといって、期待感だけで数十億の資金調達に見合うことができるでしょうか。それは中々難しいと言えます。

ICOは価格上昇しないのか?

上述の通り、筆者も数多くのICOに参加して来ました。中にはICO価格の半額以下になってしまっているものもあります。しかし、詐欺だとは全く思っていません。プロジェクトとメンバーを信じているからです。サイトやホワイトペーパーに嘘や偽りの記述があった場合はお手上げ。(残念ながら詐欺のICOもあります。資金を調達しただけで満足し、最悪「解散しました。申し訳ありません。」とアナウンスがなされてしまうものがこれから出始め、訴訟も各地で起き始めるはずです。)ビットコインもイーサリアムも、誕生時はわずか数十円でした。ビットコインもイーサリムも、大きく値段を下げている時は何度も何度もあります。そして、今では数千倍です。私は、数年以内に自らが参加した特定のICO(アルトコイン)のバブルが起きると信じています。プロダクトができて「優良企業への提供が決まりました」といった実需がついたときです。ブロックチェーンという分散型の仕組みは世の中に強くインパクトといい影響を与えると確信しています。

※今日時点では恐怖の投げ売りとなっている「長期投資が目的だった」投資家を、少しでも勇気付け、記事になればと思っています。

関係記事:アルトコインの下落


仮想通貨スクール&サポート無料メルマガ申し込み

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin