ホーム > フィンテックの記事一覧 > 分散型取引所【ShapeShift】の使い方

分散型取引所【ShapeShift】の使い方

DEXとはDecentralized EXchangeの略で、分散型仮想通貨取引所、非中央集権型仮想通貨取引所、と呼ばれています。中央管理者なしで取引をすることが可能です。そういう意味で、比較的安全な取引所ということができます。

代表的なDEX

1)Etherdelta・・・上場するならまずここから!というくらい簡単に上場できてしまいます。ほぼ全てと言っていいくらい沢山のアルトコインが扱われています。しかしながら、はっきり言ってUIが非常に悪く、約定もしにくく、非常に使いにくいです。トークン対トークンでの取引も可能になっているところは魅力です。

2)WavesplatformDEX・・・Wavesはロシア発のブロックチェーンプラットフォームで、ロシアは比較的暗号通貨に前のめりな国であることから、ここ最近名前が売れ始めて来ています。使い勝手は、普通といったところです。

Shapeshiftの特徴は - 非常に使いやすいUI&UX

Shapeshiftは、Etherdeltaの使いにくさを経験した人であれば、感動的なものです。早速使い方をご紹介していきます。

まずは、トップページのDepositとRecieveをそれぞれ選択し、何の通貨を何に換えたいか決定して下さい。ここでは、ETHをGNOに換えるという動作を行ってみます。その後、continueボタン。

上の枠が交換後通貨の「受け取りアドレス」。ここでは、GNOのアドレス。下の枠が交換前ETHアドレス。ここでは、マイイーサウォレットに入っているETHを換えてGNOにしますので、アドレスは同じものを入力します。その後、「I agree to Terms」をチェックして「Start Transaction」をクリック。

次の画面で表示されるアドレスに交換前通貨を送信して終了。

注意!Send up to this amount:というのがあるので、ここは要注意!!要は、これ以上は交換できませんという単位です。それ以上は送金しないで下さい。逆にSend AT LEAST this amount:というのがあるので、それ以上を送金して下さい。

なんと、、、これで全ての操作が完了!ここでの操作/ETH→GNOも、マイイーサウォレットに無事にノーシスが着金しておりました。圧倒的なUI/UX(見やすさ・使いやすさ)!ユーザーが増えて、出来高が増えることを期待しています。ぜひとも使ってみて下さい。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin