ホーム > 投資通貨の記事一覧 > 仮想通貨ライトコイン【Litecoin】とは

仮想通貨ライトコイン【Litecoin】とは

<基本概要>

発行枚数:8400万LTC(上限)

時価総額:約29億ドル=約3000億円(2017年10月現在)

承認方式:PoW

誕生:2011年10月

ライトコインの特徴

ライトコインとは、どんな通貨なのか概要を説明していきます。ライトコインは、ビットコインと比較されることが多い通貨です。2011年に誕生した通貨で、ビットコインと同じくPOWという「改ざんができない」仕組みを採用しています。またビットコインよりも優れている点は、ブロックの生成期間です。ビットコインは10分ごとにブロックを生成しますが、ライトコインはその1/4である2.5分でブロック生成することができます。元来、ビットコインは決済を目的に作られましたがライトコインも同じく決済を目的として作られました。

ビットコインが「金」ならライトコインは「銀」

上述の通り、元来ビットコインやライトコインは決済を目的に作られました。が、現在はその用途がだいぶ異なってきているように見えます。ビットコインは「使う」のではなく価値あるものとして「保有」することを目的としている人が多いように見えます。

そこで巷でよく例えられるのが、ビットコインは「金」でライトコインは「銀」であるというもの。双方ともに、多数のノードを使用してPOWといういわゆる台帳計算を行うことにより、そも価値を証明しています。スーパーコンピュータが大量の電力を消費することでビットコインやライトコインを確固たる「価値ある品」にしているのです。

ライトコインの方がブロックの生成が早く(いわゆる処理が早い)ですが、ビットコインの方が誕生が早く、知名度も高いため、ビットコインが「金」でライトコインが「銀」だというわけです。

ライトコインの今後の展望

2017年8月以降、ビットコインの時価総額は時価総額2位のイーサリアムを圧倒的に突き放しました。一時はイーサリアムが追いつきそうな場面もありましたが、2017年10月現在、その開きは圧倒的なものとなっています。しかしながら、ライトコインの価格はそこまで下落していません。これは1つに、「ライトコインが銀」であることの証明ともなるかもしれません。

現在の仮想通貨市場の時価総額は20兆円弱です。一方、世界の株式市場は8000兆円です。これは一般的にはまだまだ仮想通貨が信用されていないということです。

1)システム的な問題

2)法律的な問題

この2点において、仮想通貨がエコシステムとして成立していくかどうか、人々はまだまだ懐疑的であります。

そんな中、ビットコインが圧倒的に価格を上げ、ライトコインも底堅い展開です。それは1つに5年以上続く信頼のおける通貨だと、市場は判断しているのかもしれません。

イーサリアムなど、刷新的な用途のある通貨もありますが、シンプルでビットコインより機能性の高く歴史のあるライトコインは、今後も底堅く値段をジリジリと上げていく可能性があります。

▼ライトコインは、日本の代表的な取引所【コインチェック】で購入が可能です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


仮想通貨スクール&サポート無料メルマガ申し込み

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin